MENU

家を売るまでの必要な手順とは

これから家を売ろうとしている、または売る予定のあるという方にとって家を売るまでにどのような手順を踏まなければいけないのかが気になりますよね。

 

ここでは家を売るために必要となる手順についてご説明していきます。

 

家を売るまでに必要な手順@査定を受けて売却する業者を決めていく

家を売るまでに必要となる手順の中でまず、不動産業者に査定を行ってもらう必要があります。

 

無料で行うことが出来る査定サイトというのもあり、査定は複数の業者に依頼しましょう。

 

また、その査定結果の中から希望に沿っている2、3社を絞り実際に自宅に訪問してもらい、正式な訪問査定を行っていきます。

 

出来れば1社に絞って売却手続きを踏むのが良いのですが、どうしても絞れなかった場合、一般媒介契約により複数の業者に依頼を行うことも可能です。

 

査定を実際に行ってから媒介契約を結ぶまでには、2週間から約1ヶ月程を目安に行動していきましょう。

 

家を売るために必要な手順A家を売りに出す

売却依頼をする不動産業者が決まったら次に、いよいよ物件を売りに出していくことになります。

 

物件を実際に売りに出すと、購入を希望している方から問い合わせが入り、家を実際に見に来る内見を行っていきます。

 

物件を売りに出してから、実際に売却に繋がるまでにかかる期間としては約3ヶ月程かかります。

 

運が良ければ内見に来て気に入った希望者がすぐに購入を決めて、早々に売却に繋がることもあります。

 

もし、しばらく売りに出していても売り手がなかなか決まらない場合には、売却価格の見直し、広告媒体の見直しなどの調整を行います。

 

最悪、依頼する不動産業者を変えなければならなくなる場合もありますが、基本的に最低3ヶ月ほどはかかるものがと考えましょう。

 

家を売るために必要な手順B購入希望者が見つかる

売りに出した物件を購入したいという購入希望者が現れると、不動産業者を通じて「買付証明書」という書類を受け取ります。

 

この買付証明書は何かというと、購入者側の希望や具体的な要望が書かれているので、その希望条件を見ながら交渉を進めていきます。

 

買付証明書を受け取ってから売買契約が済むまでの期間としては、2週間から約1ヶ月程になります。

 

家を売るために必要な手順C売買契約に進む

お互いの条件や要望が合致して、具体的に売買を行うことになると売買契約に進みます。

 

売買契約と聞くととても難しく感じてしまいそうですが、依頼した不動産業者が進行してくれますから、売りに出す側は必要になる書類を用意するだけで大丈夫です。

 

売買契約をすると手付金として、物件の売却価格の内5%から20%が受け取れます。

 

お互いに意思が固まってから、実際に売買契約を成立させるまでには1週間から2週間ほどを目安にしましょう。

 

家を売るために必要な手順D物件の引渡し

売買契約が済んだ後には、残金の決済と物件の引渡しを行っていきます。

 

物件をすぐに引き渡せるという状態になっていたとしても、住宅ローンなどの関係もあるため、最終的な決済と物件の引渡しには時間を要します。

 

売買契約の決済と物件の引渡しが完了するまでには、1ヶ月程掛かります。

 

以上が家を売るために必要となってくる手順になります。

 

実際に家を売却しようと思っている方は、参考にしてみてくださいね。

関連ページ

家を売る時にかかる諸費用とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時にかかる税金とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時の注意点とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時の必要書類とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
このページの先頭へ