MENU

家を売る時にかかる諸費用とは

家を売るときには様々な手続きが必要になり、難しそうだと考えてしまう方も多いので、ここでは少しでも分からない事が減らせるように「家を売るときにかかる諸費用」についてご説明します。

 

家を売るときにかかる諸費用とは

いざ家を売却するときに気にしなければならないのが、売却するときにかかってくる諸費用の部分ですね。

 

家を売るときに必要となる諸費用としては、仲介手数料・印紙代・抵当権抹消登記費用・ローン返済費用・税金です。

 

家を売るときに残っているローン返済しなければいけない費用は、特にチェックが必要です。

 

返済しなくてはならないローン返済費用の他にかかってくる費用がありますから、物件の売却価格は最低でもすべてを合わせた価格同等で売却出来ることが理想ですね。

 

きちんとローン返済費用の残高と仲介手数料を考慮して、売却価格を見積もっていかなくてはマイナスとなってしまう場合も有り得ることです。

 

家を売るときにかかる諸費用〜印紙代〜

家を売るときには様々な手続きが必要ですが、諸費用もかかってきます。

 

まず、印紙代ですがこれは売買契約を締結する際に、契約書に貼る為の印紙の費用です。

 

印紙は郵便局などで取り扱っており、契約書を売る側と購入する側に1部ずつ用意する場合にはそれぞれに印紙を貼る必要があります。

 

印紙代の詳細は以下となります。

 

・100万円超え〜500万円以下・・・2,000円
・500万円超え〜1000万円以下・・・10,000円
・1000万円超え〜5000万円以下・・・15,000円
・5000万円超え〜1億円以下・・・45,000円
・1億円超え〜5億円以下・・・80,000円
・契約金額が記載されていないもの・・・200円

 

以上となりますので、覚えておきましょう。

 

家を売るときにかかる諸費用〜仲介手数料〜

不動産を売買する際に仲介会社を通す場合には、「仲介手数料」という費用が発生してきます。

 

仲介手数料については仲介をしてくれる不動産会社側が決めることが出来ますが、上限が定められています。

 

計算式としては「取引価格×3%+6万円+消費税」となり、これが仲介手数料の上限となっています。

 

不動産会社によって異なりますが、大抵上限いっぱいの仲介手数料が掛かると考えておいた方が無難でしょう。

 

このように家を売るときにも様々な費用がかかってくることになる為、住宅ローンの残額や仲介手数料などを差し引いても同等くらいで売却出来ることがいいですね。

 

例え購入した時の価格よりも安く売れてしまった場合にも、条件を満たせば税金が戻ってくる制度もあったりしますから、有効に活用しましょう。

 

関連ページ

家を売るまでの必要な手順とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時にかかる税金とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時の注意点とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時の必要書類とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
このページの先頭へ