MENU

家を売る時にかかる税金とは

家を売る時に気になるのが、売るときに税金がかかってしまうのか?という面ですよね。

 

家を売ったときには給与所得などの他に得ている収入の他に、「分離課税」で税金計算を行わなければいけません。

 

家を売るときに税金はかかる?売却パターンと条件

家を実際に売却した場合、売却パターンによって税金がかかる場合とある条件を満たしている場合には税金がかからない方が居ます。

 

まず、税金がかかる場合どのような場合なのかをご説明します。

 

@物件を購入した時よりも不動産が高く売れた場合

 

この場合には、利益が発生している為、確定申告が必要となってきます。

 

条件によって控除が適用となってくるケースもありますが、基本的に住民税や所得税がかかってくる形となります。

 

次に税金がかからない売却パターンと条件についてご説明します。

 

A物件を購入した時よりも不動産が安くなってしまった場合

 

この場合には税金はかかりません。

 

しかし、所得税が還付される制度もあり、この制度の適用条件内である場合には確定申告が必要となります。

 

上記を見ていただければ分かる通り、物件を売却した時に利益が発生する場合には税金がかかってきます。

 

ただし、売却した時に利益が出ていなくても条件内であれば税金の還付制度が受けられる場合もありますから、条件と比較した上で確定申告を忘れないように行いましょう。

 

家を売るときに税金はかかる?税金がかからないパターン

物件を購入した時よりも売却した価格が安い場合には、税金は掛かりません。

 

その他に税金がかからない条件があります。

 

@物件(不動産)を購入した時の価格よりも売却した価格が安い場合

 

A譲渡所得が3000万円以下になっている場合

 

譲渡所得というのは、売却価格-(購入価格+取得費+譲渡費用)で計算していきます。

 

上記の計算式で計算した場合に、譲渡所得が3000万円以下となる場合には税金はかかりません。

 

家を売ることによって必ず税金がかかってしまうという訳ではなく、税金のかかってくる条件などもありますからよく調べておく必要はありますね。

 

家を売った時に購入した時の価格よりも、安く売却になってしまうとやはり落ち込んでしまうと思いますが、そのような場合にも特定の条件で税金が戻ってくる制度もあるので、損をしない為にも制度を利用することは重要です。

 

この税金が返ってくる制度が適用となるのは、「家を買い替えた場合」と「物件を売却しただけの場合」に適用となります。

 

具体的な制度については、それぞれ条件により異なりますので、知っておいて損をすることはないでしょう。

関連ページ

家を売るまでの必要な手順とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時にかかる諸費用とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時の注意点とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時の必要書類とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
このページの先頭へ