MENU

家を売る時の注意点とは

住み替えを考えている方もそうでない方でも、知っておいて損のない家を売るときの注意点についてご説明していきたいと思います。

 

事前の準備も何かと必要となるため、いきなり行動するよりも前もって注意点や売買する際の手順等を調べておく必要はあります。

 

家を売るときの注意点とは?

住み替えをする方、不要になった家を売却したいと考えている方には知っておくべき「家を売るときの注意点」についてご説明します。

 

家などの物件や土地など自身の所要物を売却する際には、もちろん予め理解をしておかなくてはなりません。

 

売却をする際には、不動産会社が仲介に入ことが大半である為、ついつい任せきりにしてしまうという方もいますが、自分自身の物件に関する知識があれば何かと役に立ちます。

 

そこで売り物となる物件に関して売買する際の注意点とは一体何なのでしょうか。

 

@登記内容と現在の状況は異なる

 

売買するものが物件の場合も土地の場合も同様なのですが、家を建てた時と土地を購入した時の状況と現在の状況は異なる場合が大半です。

 

地積が異なっていた場合には、それに伴って境界にも異なりが生じますから、その登記内容のままで売却手続きを進めてしまうとトラブルは免れません。

 

また、家の場合には登記に記載されていない増築が行われていると登記内容と現在の状況は異なります。

 

これらの登記内容と現在の状況が異なっている場合がある時にはきちんと確認しておきましょう。

 

A購入した時と法律が変わっている場合がある

 

建築物に関係している法律の中に「建築基準法」というのがありますが、これは何度も改正が行われており、その度に建築基準も変化していきます。

 

ただし、法律が実際に施行される以前から建てられていた建物に関しては、現行基準の法律を適用するにはあまりにも負担が大きくなってしまう事から、建築当時に適用となる法律が基準となります。

 

一度建物を壊した場合、新たに建築物を建てる場合には現行の法律に沿った建築物しか建てられません。

 

現行基準を適用しなければならなくなったことで、建築物が建てられなくなった土地も存在すれば、以前よりも小さな建物しか建てられなくなる場合もあります。

 

ですから、家を売るときには売却する物件が現行の建築基準法が適用となっているのかどうかを事前に調べておかなくてはなりません。

 

また、物件や土地を売却する際に現行の法律を適用とした場合に、現在よりも小さな建物しか建てられなかったり、物件の状態が芳しくないとされる場合には物件とリフォームしたり、解体して売却とすることを不動産会社の方より勧められる場合もあります。

 

時と場合によって、状況は変化しますから売却する前に現在の物件状況をしっかり調べておきましょう。

関連ページ

家を売るまでの必要な手順とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時にかかる諸費用とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時にかかる税金とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時の必要書類とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
このページの先頭へ