MENU

家を売る時の必要書類とは

家を売る時、大半の方は不動産会社を通して売却手続きを行いますが、そこで必要となってくる書類はあらかじめ用意しておくことで、よりスムーズに手続きを進行することが出来ます。

 

あなた自身が必要としない書類も、不動産会社にとっては販売活動を行っていく上で必要となってくる書類もありますから、順番にご説明していきます。

 

家を売るときに必要となる書類

家を売ろうとした際に、いざ契約に進めようとしたところで「あ!あの書類まだ用意出来ていなかった!」・・なんて時間の無駄ですよね。

 

せっかく早く不動産が早く売れそうになっている時であれば、尚更スムーズな手続きが必要となってきます。

 

家を売るときに必要となる書類をあらかじめ覚えておきましょう。

 

・登記簿謄本
管轄法務局で郵送、窓口、インターネットなどで取り寄せることが出来ます。

 

これは建物や土地の権利関係などが記載されている書類です。

 

・重要事項説明書
これは売ろうとしている家を購入した際に受け取っている書類です。

 

契約内容や物件情報などについて記載されており、重要な項目が記載されています。

 

・売買契約書
売ろうとしている家を購入した際に交わした契約書となります。

 

・土地測量図、境界確認書
土地の面積について記載されている書類です。

 

管轄の登記所で取得することが出来ますが、土地の形状などによっては測量図が存在しない場合もあります。

 

窓口での請求またはインターネットからも請求することが出来ます。

 

・建築確認申請書、検査済み書
建物を建てる際にはどのような建物を建てるのか、ということを申請しなければなりません。

 

この際に使用される書類が「建築確認申請書」です。

 

そして、建物が完成した時には建てる前に申請した通りに建築がされているか、審査があります。

 

こちらには物件に関する間取りや仕様について記載されている大切な書類です。

 

これらの書類は原則として再発行が出来ない書類となっている為、受け取ったら大切に保管しておかなくてはいけません。

 

万が一、これらの書類を紛失してしまった場合には役所にて代わりの書類を発行してもらえますので、紛失してしまった場合は問い合わせをしてみましょう。

 

家を売るときに必要な書類〜引渡しで必要となる書類〜

家の購入希望者が現れると売買契約を結ぶ為に必要となってくる書類があります。

 

・登記済み権利証、登記識別情報
売却をする物件の内容を確認するための書類となります。

 

所有権の移転登記にも必要となります。

 

・固定資産税の納税通知書、評価証明書
土地や建物を所有しているとかかってくる固定資産税ですが、これらの税額や納付状況の確認のためにこの書類が必要となります。

 

・抵当権抹消書類
物件を購入したときにローンを組んで購入されている場合には、物件が担保となっているため、売却する際にはそれを解除しておく必要があります。

 

自身で用意しておかなくてはならないのは、「抵当権抹消登記申請書」となります。

 

管轄法務局の窓口またはインターネットで取得することが出来ます。

 

・住民票
登記上の住所と記載が異なっている場合、別途住民票が必要となりますので注意しましょう。

 

・実印、印鑑証明書
印鑑証明書は発行されてから3ヶ月以内のものを用意しましょう。

 

売る家の名義が親子や兄弟などの共有名義となっている場合には、全員分の印鑑証明書が必要となってきます。

 

ほかにも仲介をしている不動産会社によって必要となってくる書類は異なりますので、不動産会社にしっかり確認した上で書類を準備しておくようにしましょう。

関連ページ

家を売るまでの必要な手順とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時にかかる諸費用とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時にかかる税金とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
家を売る時の注意点とは
1円でも家、マンション、土地を売る方法を知りたい方はこちら。不動産業者に売却すると損をする率が高くなります。家を売るなら査定業者や査定方法をしっかりと選ばないといけません。その方法を教えます。
このページの先頭へ